近江八幡市−滋賀県近江八幡市の観光やグルメ

スポンサードリンク

近江 八幡市
近江八幡市(おうみはちまんし)は、滋賀県中部、琵琶湖東岸の市。




近江八幡は、天正13年(1585年)、豊臣秀次が八幡山に城を築きその歴史が始まったと言われます。


秀次は、城下町の商業にも力を入れており、城下に楽市楽座をを開き、税金のいらない自由な取引を奨励したとされる。

八幡山をとり囲む様にして堀を巡らせ、琵琶湖との水路を確保。

商業の足だけではなく、湖上交通を監視などに大いに活用された。


水郷文化としては有名な土地。

2006年1月26日、「近江八幡の水郷」として重要文化的景観の第1号に選定される。



三大火祭りも有名で、

◇左義長まつり (3月中旬)

◇八幡まつり (4月14日-15日)

◇篠田の花火 (5月4日)

は歴史や観光面からも多くの注目を集めている。